3S活動 日本語3S活? 中文
工場見学のお申し込み
講演のご依頼
お問い合わせ

整理とは?

整理の定義

整理とは、モノを要るものと要らないものとに分けることです。

弊社では「生」「休」「半死」「死」の4種類に区分けし、それぞれ次のように定義しました。

  • 生: 使用頻度が高く、4時間以内に使うモノ
  • 休: 5日以内に必要なモノ
  • 半死: 6ヶ月以内に必要なモノ
  • 死: 6ヶ月以上使わないモノ

整理の方法

不要品の判別・廃棄

弊社では、判別のためすべての備品に赤いシールを貼り、使う際にシールを剥がす…というルールで始めました。6ヶ月以上経ってシールが貼ってあれば、高価なものでも例外なく処分しました。

すてるときは"勿体無い"と感じますが、無駄なモノは買わない、買ったモノは大切に使う、という心を養うことも大切です。

ただし、資源の有効活用のため、「死」のなかでも「売れるモノ」「リサイクルできるモノ」は区別しています。

生品を手元に、休品・半死品は遠くに

弊社で手元に置くのは「生」品のみで、「休」「半死」は別の場所に保管します。「生」品のみを作業台におくと、いますぐ付加価値を生むモノだけに限定でき、モノを探している時間がなくなり、付加価値がアップします。

不要品の処分

不要品の処分


モノを区分けすると「休」と「半死」が大半を占めるので、「死」を処分したあとは「生」から「半死」にかけて、手元から遠くへ配置します。すべてのモノにマーク(赤札)することで、次に整理するときも簡単に区分けできます。

工場見学のお申し込み
講演のご依頼
お問い合わせ

イベント・セミナー情報

【セミナー】儲けとツキを呼ぶ『徹底3S活動』の秘密

【会場】サンメッセ香川

【日時】2014/04/15(火)18:30

≫詳細・お申込はこちら (PDF)

工場見学会&3S講習会

具体的な改善事例をご覧頂ける現場見学と、3S活動のマネジメントに関する講話を軸に、3Sを通じた経営革新のノウハウを学んで頂けます。

≫詳細・お申し込みはこちら

3S実践テクニック講座 ビギナー編

3Sの具体的なテクニックを体験して学んで頂ける、実践型の講座です。毎月2回開催。

≫詳細・お申し込みはこちら

5S活動と3S活動の手引き
もくじ

枚岡合金工具について

3s Facebook

3S活動関連グッズ

儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密

古芝保治(著)

弊社代表の著書。弊社の3S活動の理念が凝縮された一冊です。

3S活動の改善事例集CD ~実践編~

弊社の改善活動の事例と、その具体的な実践手順について解説。

ビッグインタビューズ あなたの会社も儲かる体質に変わる

本や講演では知ることができなかった話が満載の、弊社代表のインタビューDVD。